Curious George — Learns the Alphabet

今回紹介するのは「Learns the Alphabet」という絵本

最近図書館で発見したアルファベットの本のGeorgeバージョン。挿し絵に惹かれて借りることに。読んでみたらやっぱり借りて正解!アルファベットの本は3冊ほど持っていますが、Georgeのほうが勝ると思うぐらい。

アルファベット一個一個がカワイイ絵になってるうえ、ちょっとした知識も紹介、そして必ず最後何らの形でGeorgeと連携させる。Curious Georgeシリーズを読まずに楽しめられる優れた一冊。

今の娘(2歳10ヶ月)には挿し絵だけで十分かな。クレヨンで一緒に真似して描いてみよう♩幼卒前に制覇できたら上等かな。

そして、the man with the yellow hat の言葉を言いながら一緒に描くことが目標!全部暗記は大変そうなので、DIYのオリジナルメモカードを考案中。

本書は私にとっても大変勉強になりました。正に “Read together, Learn together.” です。以下は娘のための抜粋。

“〇〇〇ちゃん!You don’t tear a book apart to find out what’s in it, You READ it!”
(訳—どんな本なのか知るには、本をバラバラに破くんではなく、読むんだよ!)
★本を大事にして欲しい時に使える表現。なかなかうまい!

“〇〇〇ちゃん!Look! This is a big A. There is also a small a. All letters come in big and in small.”
(訳—見て!これは大文字のA。小文字のaもあるんだよ。すべてのアルファベットが大文字と小文字両方あるんだよ。)
★呪文のように暗記し、毎回のように言い聞かせる。
※ピンク色の[in]は自分が言い忘れちゃうのでメモとして。

“〇〇〇ちゃん!You now have three letters, A and B and C. With these three letters you can make a WORD. The word is CAB!”
(訳—今アルファベット三個勉強したね、AとBとC。これら三つのアルファベットで一つの単語が作れちゃう。その単語とはCAB!)
★色んな応用ができそう。単語ゲームの時にピッタリ!

“〇〇〇ちゃん!You know what a cab is? もしくは Do you know what a cab is?”
(訳—cabって何って知ってる?)
★自問自答の出だしに。

 

To be continued…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)