David Shannon — No, David!

今回紹介するのは「No, David!」という絵本

私が絵本を収蔵するようになったきっかけの一冊。たまたま父が関係する病院に遊びに行ったら、ちょうどオフィスのある階には、キッズ患者のために設けられたと思われる playroom があって、昼食会までに娘と一緒にそこで時間を潰すことに。

そこで最初に手に取ったのがこの No, David!. すぐに画風に魅せられ、その瞬間から David の大ファンに。想い出せば、あの playroom とはステキな出会いでしたね。

本書フレーズが少なく、かつ短いため、乳幼児に最適!娘が本当に David が好きで、今じゃ2歳10ヶ月の彼女でもこの本の読み聞かせができるぐらい。基礎フレーズ No, David! 以外にも色々言えて、なお感情豊かで(笑)、なかなかよく出来てる!

私が本書で勉強になったのは下記の二点。
⑴ this instant — 直ぐ、即刻。
最初なぜ now を使わないのか?ずっと疑問抱えたが、最近ようやくその理由が分かってきた気が。恐らく this instant のほうが “今すぐに、直ちに” と強調になるから。now の場合 right now のほうが近いかも。

⑵ settle down と calm down の違い。
settle down — 「物理的なもの」や「立場」を落ち着かせる。
calm down — 「気持ち」や「感覚」を落ち着かせる。
何故ここ calm down 使われないだろうかと毎回のように思ってた。ブログ書くことでちゃんと調べることに。なるほど!David の気持ちや感情よりも、とにかく“布団に入りなさい”ってことね。

The End
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)