Anthony Browne — ZOO

今回紹介するのは「ZOO」という絵本

最近 Anthony Browne とご縁があります。あれから—>「Silly Billy」、図書館でさらに新たな二冊を発見!オフコース借り〜る♫ これから書くのは「ZOO」で、もう一冊の「WILLY and HUGH」は後日に。

本書は単語や熟語で調べるものが多くてやや難しいが、絵が面白くて理解しやすいので、幼児にもいいと思う。紹介文に書いてあるように、どの年齢層の人にも楽しめられる一冊。

余談ですが、絵本に限らず、難しいから子供にはまだ早いかぁー、というのはないと思う。 すべて説明の仕方次第です。難しいことを工夫していかに簡単に説明できるのか。池上さんや林先生みたいな能力を借りたいところです。

Anthony Browne の絵には仕掛けがとても多い。それは本書に限らず、彼のどの絵本もそう。彼のそういう癖を知ってから、絵を見るのではなく、観察するようになった。どんな発見が待ってるのか実に楽しみ!

例えば、大渋滞の中、車がしっぽ付いたり、蝸牛が空中を飛んでたり、笑。また、バナナ柄のトラックとバナナネクタイを見た時は失笑しました。どれだけのバナナ好きなのか!それとも monkey好きなのか!!この話しは「Willy the Dreamer」を読まないと。

紹介文にも書いてあるように、皮肉ってるのは絵だけでなく、文も。例えば、Everyone laughed except Mum and Harry and me. うむ?!思わず二度見して、人数確認を。ただの Only Dad laughed. より100倍印象に残る!

Zoo は誰のためのものか。人間?動物? Mum の自問自答に私も考えさせられました。また、動物達も夢見るなら、やはりそれは自由になりたいのかしら。

私が本書で勉強になったのは、下記の通り。
1) masses of — 多量の。
2) get stuck in — 立ち往生。
3) a traffic jam — 渋滞。◆同義:jam
4) have a row with 〜 over 〜 — 〜で〜と言い争う、口げんかする。◆「列」の row しか知らなかったが、「口論」の意味を持つなんて。
5) daylight robbery — 白昼強盗。
6) snarl — ガミガミ言う。
7) rat-bag — トラブルメーカー。
8) wander round — 歩き回る。◆同義:wander around
9) stuff one’s face — 口いっぱい頬張る、詰め込む。
10) whine — めそめそとグチを言う、駄々をこねる。
11) in one of his mood(s) — 虫の居所が悪い。◆性別関係なしに his を使う。
12) chase after — 追いかける。◆散々調べたが、chase だけでもOK。
13) snort — (不満やからかいのために)鼻を鳴らす、鼻先で笑う。
14) nasty teeth — 本来「いやな、不快な」という意味ですが、「すごい」という意味でも使います。「すごい」よりも「エグい」といったほうがピッタリとくるかもしれませんね。
15) thump — 激しくひっぱたく、叩きつける。
16) for a bit — しばらく。
17) on the telly — テレビで。
18) groan — 不満の声を上げる。
19) howl — 遠吠えする。◆注意:母音の発音は house と同じ。
20) loads of — 山ほどの。
21) go into the gift shop — ギフトショップに入る。◆自分なら go to で書いてた。でも確かに、それだと入るとは限らない、納得です。
22) jeer — 嘲る。◆注意:母音の発音は ear と同じ。
23) you-know-who — 例のあの人。
24) walk up and down — (平らな道などを)行ったり来たり。◆up and down 上下の意味なのに。でも確かに、down the street はあったよね。
25) baboon — 狒々。◆注意:前の母音の発音は bat と、後ろの母音の発音は moon と同じ。
26) crouch — うずくまる、しゃがむ。◆注意:母音の発音は couch と同じ。
27) bang on — 強くたたく。
28) King-Kong impersonation — キングコングのモノマネ。
29) What was the best bit of the day? — 部分。◆bit にこんな意味があったなんて。

前後紹介文の中の単語:
1) spend a day at the zoo — 人間は at、動物達は in。
2) combine to — 結合して。
3) tantalise — tantalize (見せびらかして)焦らす、からかう、焦らして苦しめる。
4) provoke — (物・事が)<感情・欲望・行動などを>惹き起こす、招く、誘う。
5) rightly — 正当に、公正に。
6) is likely to — 〜しそうである。
7) memorable quality — 印象的な、素晴らしい。

The End
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)